社会福祉法人 中央共同募金会
ボラサポ・豪雨災害(平成30年7月豪雨災害 ボランティア・NPO活動サポート募金)第3回助成

この助成事業は募集期間を終了しています。

更新日 2019/01/24

対象分野 8 災害救援活動 8 災害救援活動
対象エリア 全国 
助成の目的中央共同募金会では、被災した人々を支援するボランティアやNPO等と被災地の人々が協力しあうことで、被災地域の再興に向けた市民の力を高めることを目的として、「ボラサポ・豪雨災害」による助成事業を実施します。

助成金額助成総額 「ボラサポ・豪雨災害」への寄付額に応じて助成します。
対象事業平成30年7月豪雨災害で被災された方々を支援するボランティア活動等全般
・平成30年7月5日以降の活動を対象
・新しく立ち上げる活動については、助成決定時に活動を開始していること
・なお、既に短期活動・中長期活動ともに終了した活動であっても、さかのぼって応募することが可能です。(※団体名での領収書、必要書類が揃っていることが条件)

◆助成対象プログラム
【短期活動】
活動日数:30日以内の活動
応募額:50万円以内
※第2回助成を受けている団体については、第2回助成の活動報告終了後に助成を決定いたします。また、第2回助成を受けた団体が同一の活動で応募する場合、助成金の対象となった活動終了日の翌日以降の活動が対象となります。

【中長期活動】
活動日数:31日以上~2019年9月30日までの活動
応募額:300万円以内
※第2回助成を受けている団体については、第2回助成の活動報告終了後に助成を決定いたします。また、助成対象費用については、第2回助成で助成された費用以外の費用を助成対象とします。

◆プログラム種別
第3回助成事業では、以下の内容を対象とします。

①緊急救援活動
災害発生直後の混乱から、被災者が避難先を確保し、復旧作業の基盤が整うまでの時期に行われる緊急救援的な活動

<活動例>
・被災者に対する緊急救援活動(泥出し、家屋等の片付け、家財の運び出し、床下清掃、重機を使った土砂の搬出等)
・被災者の避難生活にかかる救援活動(炊出し、家屋や施設等の復旧作業等)
・救援物資の運搬、ボランティアバスの運行等

②生活支援活動
住宅被害のあった被災者が、避難所生活から応急仮設住宅等(みなし仮設住宅も含む)での生活へと移行し、復旧作業等が急ピッチで進められる時期に行われる活動

<活動例>
・避難所等から応急仮設住宅等へ入居する際の生活支援活動(引っ越しの手伝い等)
・障がい、疾病、コミュニケーションなど特別なニーズがある人々に対する支援活動

③復興支援~コミュニティ活動
復興に向けて、一人ひとりの暮らしの質を高め、コミュニティの再生や、まちの活性化を図る活動

<活動例>
・コミュニティづくり
・被災により中断していた地域活動等の再開、新たに立ち上げる活動
・復興プログラムの実施や「まちづくり」の活動など

◆助成対象費用
・支援活動に必要な物品等
・拠点設置にかかる費用
・活動拠点からの旅費
※詳細は、応募要項でご確認ください。
対象者平成30年7月豪雨災害で、7月5日以降に、被災された方々への救援・復旧・復興のための支援活動を現に行うボランティアグループ、NPO法人、社会福祉法人、学校法人、公益法人、一般社団法人等であって、以下の要件にあてはまる非営利団体

・支援活動の実態があり第三者から活動の実態が裏付けられること
・団体が、その活動・事業から生じる利益を構成員に分配しないこと
・5名以上で構成されていること
・ボラサポ・豪雨災害に応募することについて組織としての合意・決定が行われていること
・助成を受けて行った事業について、中央共同募金会ホームページでの公表が可能なこと
・団体の目的や活動が、政治・宗教に関わりがないこと、また市民社会の秩序または安全に脅威を与える反社会的勢力と関わりがないこと
応募制限 
募集期間2019年1月24日(木)から2019年2月21日(木) 必着
申込み・応募方法ホームページの応募フォームよりご応募ください。
ホームページからの応募ができない場合のみ、郵送での応募を認めます。
FAX、メール、持参による応募は受付けません。
その他 
問い合わせ先(社福)中央共同募金会 基金事業部
担当者名「ボラサポ・豪雨災害」担当
住所〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3ー2 新霞が関ビル5階
電話番号03-3501-9112(ボラサポ専用ダイヤル 9:30~12:00 13:00~17:30 月~金 祝祭日のぞく)
FAX03-3581-5755
Eメールsupport@c.akaihane.or.jp
URL
応募要項
「ボラサポ・豪雨災害」について
備考