社会福祉法人 全国社会福祉協議会
平成29年度 JXTG 児童養護施設・母子生活支援施設・里親家庭奨学助成

この助成事業は募集期間を終了しています。

更新日 2018/01/28

対象分野 10 人権の擁護又は平和の推進... 10 人権の擁護又は平和の推進を図る活動
13 子どもの健全育成を図る活動13 子どもの健全育成を図る活動
対象エリア 
助成の目的児童養護施設、母子生活支援施設および里親家庭の児童等が高校卒業後の進学を希望する場合、経済的な困難が問題となることがあります。こうした児童等に対し、進学への道を開き、その能力を発揮する場を与えることは、児童の自立の促進をはかることにつながります。
これらの児童等が高校卒業後、大学・短期大学・専門学校等に進学する際の支度費等の一部を助成することにより、児童の進学を金銭面から援助し、もって児童の社会的自立を支援することを目的とします。
助成金額1人あたり10万円を限度として助成します。
募集人数 500名程度

対象事業児童養護施設・母子生活支援施設・里親家庭の児童等が高校卒業後、大学・短期大学・専門学校等に進学する際の支度費等の一部を助成します。
対象者(1)児童養護施設
 高等学校卒業後、平成30年度に大学・短期大学・専門学校等への進学を予定している下記の児童
 ・児童養護施設に入所している児童
 ・児童養護施設を退所した20歳未満の方(平成30年4月2日現在の満年齢)

(2)母子生活支援施設
 高等学校卒業後、平成30年度に大学・短期大学・専門学校等への進学を予定している下記の児童
 ・母子生活支援施設に入所している児童
 ・母子生活支援施設を退所した20歳未満の方(平成30年4月2日現在の満年齢)

(3)里親家庭
 高等学校卒業後、平成30年度に大学・短期大学・専門学校等への進学を予定している下記の児童
 ・里親家庭に措置されている児童
 ・措置解除後、引き続き里親家庭で同居している20歳未満の方(平成30年4月2日現在の満年齢)
応募制限 
募集期間2018年2月16日(金) 当日消印有効
申込み・応募方法郵送のみ受付
その他詳細は実施要綱で確認して下さい。
※本奨学助成制度は、他の奨学金制度との併用も可能です。
問い合わせ先(社福)全国社会福祉協議会 児童福祉部
担当者名水谷、上村
住所〒100-8980 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル
電話番号03ー3581ー6503
FAX03ー3581ー6509
Eメールtaisyoji-sien@shakyo.or.jp
URL
実施要項
全国児童養護施設協議会ホームページ
備考