国土交通省
平成29年度 サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)の提案募集<一般建築物>

この助成事業は募集期間を終了しています。

更新日 2017/10/11

対象分野 3 まちづくりの推進を図る活動 3 まちづくりの推進を図る活動
対象エリア 
助成の目的本事業は、再生可能な循環資源である木材を大量に使用する木造建築物等の先導的な整備事例について、構造・防火および生産システムの面で先導的な設計・施工技術の普及と低炭素化社会の実現に貢献することを目的とします。
助成金額交付対象となる費用はつぎに掲げるものとする
①調査設計計画費
建築物の調査設計計画費のうち、先導的な木造化・木質化に関連する費用の1/2の額のうち、国土交通省が認める額

②建設工事費
木造化・木質化に関する先導的な設計・施工技術を導入した場合の工事費と、当該設計施工技術を導入しない場合の工事費の差額(「掛かり増し費用相当額」)の1/2の額のうち、国土交通省が認める額

③付帯事務費(人件費、旅費、一般管理費等)
木造・木質化プロジェクトについて普及啓発を行うために必要となる経費の実績額に基づいて、上記①②の補助額の2.2%以内の額
対象事業建築物における木造化・木質化の推進に向けたモデル性、先導性の高いプロジェクトとして選定されたものを補助の対象とする。

①建築物の木造化
②建築物の内装・外装の木質化

①または②のいずれかであること

◆事業の要件
提案する内容に応じて、①から⑥までのすべての要件に該当するものであること
①構造・防火面で先導性に優れた設計または施工技術が導入される事業計画であること
②使用する材料や工夫により整備コストを低減させるなどの、木材利用に関する建築生産システムについて先導性を有する計画であること
③構造材または内外装材に木材を一定以上使用するものであること
④建築基準法令上、構造・防火面の特段の措置を必要とする下記(1)(2)に掲げる規模以上のものであること
(1)木造化
・防火・準防火地域:延べ面積が500㎡を超えるものまたは階数が3以上であるもの
・上記以外の地域:延べ面積が1000㎡を越えるものまたは高さが13メートルを超え、もしくは軒高が9メートルを超えるもの
(2)木質化
・階数が3以上の場合:延べ面積が500㎡を超えるもの
・階数が2の場合:延べ面積が1000㎡を超えるもの
・階数が1の場合:延べ面積が3000㎡を超えるもの

⑤木造化・木質化に関し、多数の利用者等への普及啓発を積極的に行うこととしていること、または木造化・木質化に関する設計・施工の技術・ノウハウを積極的に公開すること
⑥平成29年度に事業に着手するものであること
対象者上記の事業の要件①~⑥をみたす事業を行う者(地方公共団体を含む、建築物の建築主等)

補助を受ける者は、原則として事業提案を行い、採択を受けた建築主となります。
事業提案や諸手続において、建築主と書面による代理契約を交わした者が関係者として実務を遂行することを可能。
応募制限 
募集期間2017年10月12日(木)から2017年11月10日(金) 必着
申込み・応募方法宅配等または持参
宛先に必ず、「サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)<一般建築物>応募書類在中」と記入してください。
※応募書類は、HPに掲載
その他 
問い合わせ先(一社)木を活かす建築推進協議会 内
担当者名サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)評価・実施支援室
住所〒107-0052 東京都港区赤坂2-2-19 アドレスビル5階
電話番号03-3588-1808(月~金(祝日をのぞく)9:30~17:00)
FAX 
Eメール 
URL
応募要領
報道発表資料
備考