国土交通省
平成29年度(第2回)サステナブル建築物等先導事業(気候風土適応型)の提案募集

この助成事業は募集期間を終了しています。

更新日 2017/10/11

対象分野 3 まちづくりの推進を図る活動 3 まちづくりの推進を図る活動
対象エリア 
助成の目的本事業は、地域の気候風土に応じた木造住宅の建築技術・工夫による低炭素化に係る先導的な技術の普及啓発に寄与するリーディングプロジェクトを広く民間等から提案を募り、支援を行うことにより、総合的な観点からサステナブルな社会の形成を図ることを目的としています。
助成金額補助額 「掛かり増し費用相当額」の1/2以内の額のうち、国土交通省が認める費用

ただし、「掛かり増し費用相当額」の1/2以内の額の算定にあたっては、建設工事費全体の10%以内または戸あたり100万円のうち少ない金額を上限とします。

※掛かり増し費用相当額
採択された住宅の建設工事費のうち、地域の気候風土に応じた木造住宅の建築技術・工夫による低炭素化に係る先導的な技術を導入した場合の工事費と、当該建築技術・工夫による低炭素化に係る先導的な技術を導入しない場合の工事費の差額

対象事業地域の気候風土に応じた木造建築技術を活用し伝統的な住文化を継承しつつも、現行の省エネルギー基準では評価が難しい環境負荷低減対策等により、長期優良住宅または低炭素住宅と同程度の性能と評価される住宅の建設事業(モデル性、先導性が高いプロジェクトとして評価委員会により選定されたもの)

対象となる住宅は、次の①~④のすべての要件をみたすこと
①地域の気候風土に応じた木造建築技術を活用していること
②現行の省エネルギー基準では評価が難しい環境負荷低減に寄与する複数の対策を行うこと
③有識者による評価委員会により、低炭素住宅または長期優良住宅と同程度に良質であるとの評価を受けること
④平成29年度内に事業に着手するものであること
対象者◆提案者
・地域の気候風土に応じた木造住宅の建築技術・工夫等を導入する建築主等(民間事業者等)
・建築主と一体・連携して地域の気候風土に応じた木造住宅の建築技術・工夫等を導入する者等
なお、補助の交付だけではなく、評価のみを目的とする応募は認めていません。

◆補助を受ける者
・地域の気候風土に応じた木造住宅の建築技術・工夫等を導入する建築主等
原則、提案者と補助事業者は同一者とします。
ただし、特段の理由がある場合は、事務代行者として申請書を作成し応募することも可能です。
応募制限 
募集期間2017年10月16日(月)から2017年11月15日(水) 当日消印有効
申込み・応募方法郵送により提出
宛先に必ず、「気候風土適応型応募書類在中」と記入してください。
※応募書類は、HPに掲載
その他 
問い合わせ先(一社)環境共生住宅推進協議会
担当者名サステナブル建築物等先導事業(気候風土適応型)評価・審査室
住所〒162-0825 東京都新宿区神楽坂2-16-1 軽子坂田中ビル4F
電話番号03-5579-8757
FAX03-6457-5995
Eメールkikou@kkj.or.jp
URL
応募要領
報道発表資料
備考