特定非営利活動法人 下松べんけい号を愛する会

更新日 2015/08/26

団体の分類NPO法人
代表者名大木 孝行
役職名理事長
主たる事務所下松市生野屋四丁目12番30号
従たる事務所 
連絡先(自宅)〒744-0031 山口県下松市生野屋四丁目12番30号
担当者名事務局長 : 栗田 一郎
電話番号0833-43-4250
FAX0833-43-4250
Eメールinfo@benkeigo.org
URLNPO法人下松べんけい号を愛する会のホームページ
年月日発足 2013/06/29
法人格取得年月2014/01
会員数210名 
会費年会費 個人1,000円、法人5,000円、賛助会員12,000円 
入会資格特定非営利活動法人下松べんけい号を愛する会の目的、活動に賛同していただける方なら、資格を問いません。
活動地域 県内全域  
前年度決算総額50万円~100万円未満
広報の方法通常は公式ホームページに掲載します。
総会は1/年(6月)です。
主な活動分野 2 社会教育の推進を図る活動 2 社会教育の推進を図る活動
 3 まちづくりの推進を図る活動 3 まちづくりの推進を図る活動
13 子どもの健全育成を図る活動13 子どもの健全育成を図る活動
団体の目的 この会は、下松市が所有・管理している(通称)「下工弁慶号」についての情報を全国に発信し、大切な近代化産業遺産である蒸気機関車の、適切な保存と活用をめざします。(この全国への情報発信のために、私たちの会では「下松(くだまつ)べんけい号」と呼びます。
また、新たに「下松べんけい号の復元ミニモデル機」を製作して、この公開運転をめざしています。
これらの活動を通じて、生涯学習による子どもたちとの世代間交流や、町興し等の市民活動にも参加して、県内外各地の活動団体とも協働していきます。
この復元ミニモデル機の製作・公開運転を「縦糸」に、次の三要素を「横糸」にして新しい「市民活動の布」を織りたいと考えます。
①3世代間交流による子育て支援活動
②べんけい号の全国への情報発信による街の活性化や産業敢行のアピール
③シニア層の幹事自身の生涯学習と自己実現
設立の経緯 2010年1月 「走れ!!弁慶号PJ(プロジェクト)準備会議」発足。動態保存へ向けて調査開始。
2011年4月 「動態保存は断念」したが、これまでの活動を継承し、新たな方向を確立するために、「下松べんけい号を愛する会」と改称、新発足した。
2013年6月29日、「下松べんけい号を愛する会」の活動をさらに発展させるべく、 設立総会を開催し、NPO法人化移行決定。(設立認証提出)
2014年1月6日、設立認証。(同年1月14日、登記完了)
活動内容平成26年度 事業報告
4月 桜々フェスタに協賛出店(べんけい号饅頭デビュー)
6  ◎定時総会&NPO設立記念ふれあい交流会
10  ◎「べんけい号まつり 2日間」、スケッチ会
11  「周南げんきものフェスタ」に幹事団体として協賛出展
12  ◎べんけい号のクリーンアップ大作戦&ふれあい交流会、
   ◎年賀状コンクール作品募集
1  ◎「108才おめでとう!べんけい号への年賀状コンクール」
  ◎年賀状の作品選考会&作品展示会
2 ◎年賀状コンクールの表彰式&作品展示会
団体・行政・企業等との協働・連携実績4月 下松市桜々フェスタ協賛参加
11月 山口県「しゅうなん元気ものフェスタ」へ協賛出展
ひとことPR活動は通称「下工弁慶号」(愛称「下松べんけい号」)に限定することなく、広くSLを愛好するかたがたと連携して、楽しい会にしていきましょう。入会のお申し込みは、公式ホームページ(http://benkeigo.org)のお知らせに掲載している様式を参照してください。
主な活動の日・時間帯「ほしらんどくだまつ・市民活動室」が活動の拠点で、活動の諸準備等を行っています。(日時はその都度変ります)
定例理事会:毎月第3土曜日の18時から「ほしらんどくだまつ・交流室2」で開催、活動やイベントを討議しています。
また、偶数月は理事会終了後、懇親ビール会を開いています。この懇親会は、会員のかたは自由に参加できます、会費1,500~2,000円/人。お問合せは、事務局に。
関連リンク山口県NPO法人データベース